· 

ファクタリングサービスとは

友だち追加

ファクタリングサービスとは?

ファクタリングとは、取引先の売掛債権をファクタリングサービス提供会社に買い取ってもらい、早期現金化してもらうサービスのことです。

保証人や担保なし、赤字決算でも利用が可能です。

未回収の売掛金の買い取りや売掛債権に保険を掛けることができ、貸し倒れリスク等を防げます。

日本では、契約後、先に商品やサービスを提供して、後に代金を回収する流れが一般的です。

そのため、売掛金の回収は、商品・サービスの役務提供から1ヶ月〜2ヶ月以上あとのことも珍しくありません。

もし、その間に取引先が倒産などすれば、売掛金を回収できず大きな打撃を受けてしまいます。

しかし、ファクタリングを利用すれば、最短即日で資金を調達でき、取引先が倒産をしても保証金を受け取ることが可能です。売掛金に関するリスクを軽減でき、キャッシュフローの改善や債権のオフバランス化ができます。


どんなタイミングで利用するのか

・黒字倒産を回避するとき(今すぐ現金が欲しいとき)

・信用情報を傷付けづに資金調達したいとき

・資金繰りを改善したいとき

こんな時に役に立ちます。

 

売上債権回転期間

売上債権回転期間とは「会社の売上債権がどれくらいの期間で回収されるか」を表したものです。

「売上債権=売掛金+受取手形」となります。

自身の業界と比較し、長い場合は潜在的にファクタリング利用は意識しておくべきです。

 

売上債権回転月数 = 売上債権 ÷ 売上高 × 12ヶ月)

 

業態 売上債権回転月数 売上債権回転月数
建設業 1.32 40.24
製造業 2.09 63.43
情報通信業 1.78 54.04
運輸業・郵便業 1.53 46.52
卸売業 1.83 55.64
小売業 0.83 25.28
不動産業、物品賃貸業 1.11 33.89
学術研究、専門・技術サービス業 1.26 38.22
宿泊業、飲食サービス業 0.25 7.68
生活関連サービス業、娯楽業  0.34 10.45

 


ファクタリングのメリット

・売掛金の早期現金化(最短即日)

・貸し倒れリスクの回避

・保証人・担保が不要

・対外信用力に影響せず

ファクタリングのデメリット

・手数料がかかる(2社間10~20%、3社間1~9%)

・現金化は売掛債権の範囲内

・3社間だと取引先の承諾が必要

・債権譲渡登記が必要な可能性


2社間契約・3社間契約とは

2社間ファクタリングとは

利用者とサービス提供会社の2社間でやり取りされるファクタリングのことです。

利用者は取引先の売掛債権を提供会社に売却をして、手数料が差し引かれた売却代金を受け取ります。

そして、取引先から売掛金の支払いがあれば、回収したお金を提供会社へ支払います。

2社間のファクタリングの場合、売掛債権を売却されていることは取引先が知ることはありません。

そのため、今後の取引関係に悪影響を及ぼすことなく進めていけます。


3社間ファクタリングとは

3社間のファクタリングは、利用者・提供会社・取引先の3社で合意・契約をして進めるものです。

取引先も事情を知っているため、売掛金は取引先から提供会社に直接支払われます。

2社間のファクタリングよりも手数料が安いメリットがあるものの、取引先に資金切りが厳しい印象を与え、さらに不信感を抱かれる可能性があります。


結論

①大企業ではないのであれば独立系のファクタリング会社を選び2社間契約がお勧めです。

②税金滞納、赤字決算等々関係ありません。保証人も担保も必要ありません。

③業種を問わず、ほぼ全ての売掛金に対応します。(遅延債権や回収不能案件は対象外です)

④数十万円~億まで最短即日で対応可能です。

⑤当然リピートも可能です。

LINE公式アカウントご登録お願い致します。

QRコードで追加する

URLで追加する


<前へ          次へ>

 

 

HOME >>

企業ページ>>

最新記事へ