· 

助成金を受け取りませんか?

助成金と補助金の違い

補助金と助成金の違いはほとんどありません。

補助金も助成金も国や地方公共団体、民間団体から支出されて原則は返済不要です。

違いは、補助金は予算が決まっていて最大何件という決まりがあります。

そのため、公募方法によっては抽選や早い者勝ちになるなど、申請してももらえない可能性もあります。

一方助成金は受けとるための要件が決まっているので、それを満たしていればほぼ支給されます。

補助金は、期限も限られているし審査も難しいし、それなら助成金の方がお得じゃないか、と思いますよね。

補助金と助成金は返済不要という点では同じですが、目的については少し異なります。

補助金

補助金とは、主に国が新規事業や、創業促進、さまざまな国策を促進するための手段の一つとして実施しています。

国や自治体などが何らかの政策目的の達成のために税金を使って企業や個人事業主を支援する制度になります。そのため、補助金が交付される次期も予算が決定し手からという形になりますので、大抵の場合は4月もしくは5月から公募されるものが多くあります。

補正予算が組まれる場合などは12月に補助金の二次公募などが組まれる場合などもあります。また予算の関係上人気の補助金などは期限前に終了してしまう場合もあるので、ある程度事前準備ができるための前知識なども必要になってきます。

補助金は税金が財源です。経済産業省や地方自治体が管轄しています。

 

補助金のメリット

・助成金よりも種類が豊富

・支給額が助成金に比べて大きい場合が多い(数百万~数億円)

・経費の適用範囲が広い

 

注意点

・公募期間が短く年に数回のみという場合が多い(発表から締切まで1カ月程度など)

・予算が決まっていて倍率も高いため申請してももらえない可能性もある(審査合格率は40%)

・支給されるまでに時間がかかる。(支給は、約1年後の後払い)

・補助を受けられるのは事業全部または一部の費用

 

 ※補助金によって補助率や上限金額は異なります。事前の審査や事後の審査によって額は変動しますのでこの点も注意が必要です。

助成金

助成金は、財源が雇用保険料です。厚生労働省が管轄しています。主に雇用増加や人材育成のために実施しています。

 

助成金のメリット

原則通年を通して申請可能です。

業種や社員数など条件に合致していれば、ほぼ支給され難易度は低いです。

 

注意点

人気の助成金は、発表から2カ月程度で受付終了になることもあり、早めの申請が重要です。

 ※各自治体により異なるが通常は3月末の年度いっぱいまで受け付けているところも多いです。

 

申請比較

弊社では、ほぼ必ず貰えて、手間がかからない、助成金を中心に申請代行のご提案を行っております。

ユーザー満足度の高いサービスを検討した結果、経営者様にお喜びいただける内容だと思っております。

 

<前へ           次へ>

 

 

HOME >>

企業ページ>>

 

関連ページ