· 

起業と金儲けの違い

ホリエモンってすごいな、、

例えば、営業やっていた人が「独立」するとか「自分でやる」というだけであれば、ただの「金儲け」です。

勘違いしてしまうと、自分で営業ができるから、自分でやれば「儲かる」と考えてしまう人結構見ます。

確かに、マーケットが潤沢で、その能力があり、仲間がいれば儲かるかもしれない。

 

ただ、本質を考えたら、ベンチャー投資をする際に、ただの代理店ですって企業に誰が幾ら投資してくれるのか。

その社長の能力が高そうだから、利回りがいいので出すという考え方もあるかもしれないが、

本来は、社会の問題に対して、新しい解決策を提案し、0を1にする、世の中を変えてしまう1手を打つ、

このビジョン、夢に対して、プランと能力が伴っている、これに投資してくれるものだと思います。

 

さてさて、我々の様な、ただの代理店であれば、今、もう誰かがやっている事業です。商品です。

キャリア、ベンダーが新しい商品を作り、マーケットにアプローチする役目を担うという意味では、確かにそれだけでも社会貢献になる。

ただ、世の中の商流の川上に立つのか川下に立つのか、これでマーケットへの影響力が全然違うわけだから、

ただただ、条件に振り回されて、”今”はいいが、5年10年後にはどうなっているのかってことだと思います。

独立する際に、この力(資本・人材)を抱えて独立できればいいでしょう、川上を獲りにいける。

けれども、そうではない僕らは、どうやって、どの分野で川上に立つのかを考えないといけない。

だから、他と同じことをしないし、扱う商品も異なる。

 

でもなー---、ホリエモンが宇宙開発って言っているの聞くと、スケール小さいなおれ、、、、と思ってしまいます。

 

そこには、宇宙に行くという創業のころから抱えている夢があるそうです。

想いが強く、なんとしてでも、絶対に実現させるという行動力、意思の強さ、それを裏打ちできる知識と能力と技術、凄いな、、、

 

そもそも本来起業とはそこにビジョンがないといけない。

 

ビジョンを語り、こうなるから投資してくれという説得が必要になる。

単純に銀行や資本家からお金を出してくださいという話ではなく、

人生の大部分を仕事にささげる従業員がexcellという会社に時間と労力を投資して、

お客様も同じで、我々を選んでいただくという投資をしていただく。

 

自分の子供にお金頂戴と言われた時、何に使うの?と単純に思うと思う。

子供がおかしが食べたい、だけなら、ダメという親も多いだろう。

将来、宇宙飛行士になりたいから、宇宙の本が欲しいと言われたらどうだろうか?

なれるかわからないけれども、その子供の夢を大事にしたくて、買ってあげる行為が投資とすれば、理屈はそういうこと。

 

雇用を創出し、税金を払い、世の中の経済に貢献する、

その仕組みは社会の問題に対しての改善策である、または未来の街づくり(生活様式)に起因する、

この考え方が重要で、これがないとそもそも投資何てして貰えないということ。

だから従業員が夢を持っていること(会社の夢を共有していること)が凄く重要だと感じています。

夢を持った人の集団は、輝きが違うし、魅力がある。だから人がついてくる。

 

世の中の働き方や生活様式が激変している中で、自分らしく生活に合わせた形で働きながら十分な収入が得られる、

それは地方への移住であったり、芸能の夢を追いながらであったり、はたまたマイホームを建てるための貯蓄であったり、

夢を支える会社であることが、僕たちの夢を叶えることになり、その方法として、「誰でも新しい働き方と大きな収入を得られるプラットフォーム」であること、

それがexcellであるわけです。

 

<前へ           次へ>

 

 

HOME >>

企業ページ>>