· 

光コラボは携帯とセット割がおトクです。

携帯は割引できなくなった

総務省監修の基2019年10月に携帯キャリア各社の2年縛りや高すぎる解約金制度を廃止し、携帯の乗り換えがしやすいようになりました。今まで長期縛りを入れることで行っていた割引が使えなくなりました。

そこでカード決済での統一や携帯キャリアでの統一などを名目にしてユーザーの囲い方の方針を変えてきました。

白羽の矢が立ったのは各社が展開する「光コラボ」商品です。

別商材を継続していけば、携帯が安くなるという流れです。実質ユーザーは割引メリットがあり、更に態々変更させる理由もないため継続した方がトクである環境になりますから、ビジネスモデルとしては秀逸な内容です。

当然、ユーザーメリットが高いという評価であって、とてもいいサービスだと思います。

今現在は格安SIMの使い勝手などを考えたら、通信3キャリアを使っている方は光コラボは同キャリアに合わせて選ぶことをお薦め致します。ちなみに格安SIMもセットで安くすることが可能な光コラボもあります。

 

まず大元のフレッツから光コラボに変えると

戸建て

マンション

①フレッツ光よりも光コラボの方が安い

②プロバイダと一括になるため請求や問い合わせ先が窓口1本化できる

③携帯とセットで割引を入れることができる

 

※キャンペーンなどの適用価格前の表示です。

 

どれほどおトクか?

動画サービスなどのコラボもありますが、実際の割引率や携帯キャリアもそれぞれ動画サービス展開もしていることから考えると知名度からの安心感、今後携帯キャリアを変更する予定がないことなど、条件さえ揃えば、必ず光コラボは携帯キャリアに合わせるべきだと考えています。

 各社の契約スマホ端末やプランによって割引額が違いますし、キャンペーンによってサービスが異なってきます。

 

場合によっては、携帯の割引と相殺すると実質無料で光コラボが使えることもあるかもしれません。

 

<前へ           次へ>

 

 

HOME >>

企業ページ>

関連ページ