· 

QRコード決済の3強?

認知度、利用度、ユーザー層から見ての広がり方で3強

とても勝手な見解ですが、PayPay、楽天Pay、LINEペイで絞られていると思っています。

沢山ある決済システムの中で、どれを使ってもいいとしても、「どこでも使える決済」にチャージするのが一番便利である以上、

現状のシェアが高いサービスが圧倒的に有利だからです。

 

 

Payと言っても、決済方法は色々

①Payに登録したカードでの決済

②カードや口座、ATMなどからチャージして決済

③ポイントなどから変換して決済

④家族や友達から送金チャージして決済

などです。

わりかんなんかもできる様ですね。

 

 

QRコード決済を使う理由

  1. ①ポイントが貯まるから
  2. ②会計がスピーディに終わるから
  3. ③キャンペーンを知って興味を持ったから

QRコード決済を使わない理由

  1. ①クレジットカードタイプで十分だから
  2. ②現金で十分だから
  3. ③個人情報や決済情報が漏洩しないか不安だから

3強のサービス

LINE Payアカウントに紐づけられた銀行口座や、コンビニのレジから残高をチャージすることができます。

お店ではユーザーがアプリに表示したQRコードをレジで読み取る方法のほかに、申請すると送られてくるプラスチックカードでも支払うことができます。

「LINE Payボーナス」と言うポイント還元システムがあります。ランクで色分けされ、0.5~2%の還元があります。

・店舗側はプリントQRという無料で設置できる機器を置きます。決済手数料が2021年7月31日まで無料となります。

・LINEに加入していれば導入できるのでハードルが低いです。


・ポイントに二重取りが特徴で決済をした際に、紐づけられたクレジットカードに貯まるポイントの他に、楽天スーパーポイントが貯まります。楽天ペイアプリを使えば、お店での支払いにこのポイントを使うこともできます。楽天カードを持っていれば、楽天カード利用での楽天スーパーポイントも獲得できます。

・店舗側は楽天ポイントが貯まる店としての訴求ができます。

・QRコードだけではなくクレカ決済、電子マネーも楽天で対応できます。楽天銀行に口座があれば翌日入金ができます。


ソフトバンクとYahoo!の合同会社「PayPay株式会社」

・キャンペーンが多く知名度が抜群です。

・店舗側のメリットとしてPayPayはAlipay(アリペイ)にも対応しており、2020年9月30日まではAlipayも決済手数利用が無料です。Alipayは中国でスタンダードな決済方法です。

・ジャパンネット銀行であれば翌日入金

・現状決済手数料、入金手数料無料


どの決済サービスに申込むのか?

結論で言えば、それぞれに強みがあり、ユーザーが何を選ぶのか?によります。

顧客層が決まっている店舗であれば、ターゲティングしやすいですが、それでもこれだけサービスが乱立していたらマチマチの結果になるでしょう。

そこで店舗側にお薦めしているのは、QR、クレカ、電子マネーなどに全てに対応しているマルチ決済端末です。

それぞれのサービスをそれぞれから導入していたら、決済端末だけでもレジがごちゃごちゃになりそうですが、

一つの端末で、豊富な種類の決済方法に対応できるものが出ています。

 

ユーザー側はライフスタイルに合わせた決済サービスを選ぶのがよいでしょう。

ちなみに私はPayPayと楽天ペイを利用しています。

 

結論で言えば、時代が変わるので決済手段を導入するのはユーザーにとってもポイント還元などがあるのでメリットになります。

また、逆に店舗からすれば、日本の決済の4割、将来的には8割、別軸でインバウンド(訪日外国人)がキャッシュレス決済を求めている、国が促進しているのですから、導入しなければ「売り上げが下がる」と考えた方がいいと思います。

無料で入れられるので早目の導入をお勧め致します。

関連ページ