キャッシュレス消費者還元事業とは

キャッシュレス消費者還元事業とは?

2019年10月の消費増税に伴い、キャッシュレス決済を行った消費者へポイントが還元される国の事業です。

 

消費税率が10%に引き上げられる2019年10月から9か月間、キャッシュレス決済をした消費者に最大5%が還元される国の補助金事業です。消費者にとってのメリットのみならず、キャッシュレス決済用の端末導入費用補助や手数料補助など事業者にとってのメリットもあります。

 

導入店舗と未導入添付の違い(PayPayの場合)


キャッシュレス・消費者還元事業のポイント(PayPayの場合)

 

決済システム利用料の
3分の1を国が負担!

 

消費者がキャッシュレス決済を利用することにより発生する決済システム利用料(3.25%以下)の3分の1を国が負担します(一部対象外)。PayPayでは、2021年9月30日まで決済システム利用料無料キャンペーンを実施しています。

消費者の負担減で
購買促進!

 

キャッシュレス決済をした場合、実質的に現行の8%の消費税率よりも負担額が減るため、消費者の購買意欲向上が見込まれます。キャッシュレス決済をした消費者へは、決済事業者からポイントなどのかたちで還元されます。

釣り銭準備が不要!
現金関連業務から解放

 

キャッシュレス決済の導入に伴い、両替をしたり、閉店後に現金を精査したりする現金の運用にまつわる手間を大幅カットできます。作業時間の短縮やレジ締めにかかる人件費の減少など、業務効率化による人件費の削減につながります。


 

これが目印

 <前へ           次へ>

 

 

 

HOME >>

企業ページ>

関連ページ