· 

5Gって2種類あるんですよ

 

5Gという単語だと無線通信技術をよく知らない人にとって、5G通信と5GWiFiを間違えます。

  

5GWiFi

5G WiFiは一般に802.11n、802.11ac、802.11axなどの新しいプロトコルを使用したWiFi信号を指します。

WiFiの生まれてからは6世代に分けることができます。

 初期のWiFi信号は一般的に2.4 GHz帯域で使用されていました。

しかしながら、電子レンジ、Bluetooth装置のような多くの電子装置も一般に2.4 GHz無線周波数を使用しますので
2.4GHz WiFiのデータ転送が被ってしまい、その結果信号は影響を受け伝送速度も遅くなります。
5 GHz WiFiはより高い周波数帯で動作しより高い周波数帯はより少ないチャネル輻輳をもたらすので、
より高い無線伝送速度は5GHz WiFiの最大の特徴です。
しかし、5GHz WiFi にも欠点があります。それは信号の回折と反射は2.4GHz WiFiの場合ほど強くありません。
障害物に遭遇すると、貫通、反射、回折などのさまざまな現象が発生します。つまり壁などの障害物に弱いです。
まとめると、2.4GHzのWiFi信号の転送距離がより遠いが、伝送スピードが低い。
5GHzのWiFi信号の転送距離がより近いが、伝送スピードが高い。

 

 

5G通信

5G通信は「5th generation mobile networks」の略称で、第5世代の移動ネットワークを指します。

5G通信の最大利点は「高速低レイテンシ」と「多数のデバイスが同時に接続」できることです。

 

5Gは「高速・大容量」「低遅延」「多数端末との接続」という特徴を持っています。
これらの特徴により、4K/8K高精細映像やAR/VRを活用した高臨場感のある映像の伝送、
自動運転サポートや遠隔医療などを実現し、様々なサービス、産業を革新すると期待されています。
スポーツ観戦
会場内の多数の小型カメラを駆使し、自分がまるで選手になったかのようにさまざまな視点からの迫力ある映像を、
全方位立体スクリーンで楽しむことができます。
自動車運転
ドライバーの眠気などを、カメラやウェアラブル端末から車載AIロボットが検知します。
また、車載のカメラやセンサー、歩行者のスマートフォンなど、あらゆるモノから集約した膨大なデータに基づき、
危険を回避して走行させる完全自動運転が実現されます。
日常生活の支援
街中のスマートフォンやセンサーなど、あらゆるデバイスからの情報が収集・分析され、生活の手助けになる情報(例えば、交通情報や気象情報など)が適切なタイミングで受け取れます。
また、他国語での会話はデバイス間でリアルタイムに通訳され、スムーズにコミュニケーションができるようになるなど、パーソナルエージェントにより人々の生活に寄り添うサービスが実現されます。
こんな生活に変わっていくのですから、ますます高速Wi-Fiの普及って重要ですよね!
副業にせずとも、日常で話題になることです。逆に日常の話題から収入に繋がるのであればとてもいいですよね。

<前へ           次へ>

 

 

HOME >>

企業ページ>

関連ページ