· 

LooopとENEOS資本業務提携

プレスリリースによると

Looopは再生可能エネルギーの最大普及を通じた「エネルギーフリー社会の実現」をビジョンとして、太陽光発電所の開発から、国内外での自家消費のシステムの施工・管理、電力小売事業まで、電力に関わる一貫したサービスを展開しています。

ENEOSは、分散型電源の活用を中心とした次世代型エネルギー供給・地域サービス事業を成長事業のひとつと位置づけ、自社リソースを活用したエネルギーサービスの創出を目指しています。

本提携により、店舗や工場などの屋根をお借りして太陽光発電設備を設置・運営する自家消費支援事業を推進し、さらに、太陽光発電や蓄電池等を活用した新サービスを共同で検討してまいります。

今後は、Looopが強みである、商品・技術や、新サービスを早期に市場投入する力を最大限に発揮し、ENEOSが全国に所有するインフラや、卒FIT等の分散電源、IPP・新電力事業で培ったノウハウなどを活かして、電気事業・再生可能エネルギー事業領域における新サービス創出の早期実現を目指してまいります。

 

だんだんLooopが中心となった構図ができてきていますね。。

 

<前へ           次へ>

 

 

HOME >>

企業ページ>