· 

令和3年版~ご提案したい助成金まとめ~

概要

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

キャリアアップ助成金

・正社員化コース 57万円×人数(最大20名)+15万円

・有期→無期コース 28.5万円×人数(最大20名)+7.5万円

・諸手当制度共通化コース 70万円/

・健康診断制度コース 38万円/+10万円

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/career.html

 

65歳超雇用促進助成金 ~160万円/

・高年齢無期雇用転換コース 48万円×人数(最大10名)+12万円

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000139692.html

 

人事評価改善等助成コース 80万円/

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000199313.html

 

健康づくり制度導入 57万円/+15万円(雇用管理制度助成コース)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000199292_00005.html

 

・出生時両立支援コース 67万円/+17万円

・出生時両立支援コース(育児目的休暇) 28.5万円/+7.5万円

介護離職防止支援コース 57万円×人数+15万円

https://www.mhlw.go.jp/content/000696083.pdf

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

各種助成金は国が「働き方改革」などの施策として、

労働環境を改善し、従業員のモチベーションアップ、生産性向上などの国として支援する目論見が御座います。

是非とも職場環境の改善にご活用いただくべき内容です。

また、各助成金概要のページに厚生労働省からパンフレットが開示されておりますが、

中身を見ると専門的で難しいく記載されています。この難解な要項が専門家がいないが故に申請率が低い要因となっています。

弊社は助成金申請の専門家として、最も簡単に最大額の受給をしていただくことを強みとしております。

面倒な部分等々は弊社にてご対応させていただきます。

 

お客様にご対応いただく事項は以下のとおりです。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

・三帳簿(出勤簿・賃金台帳・労働者名簿)

・就業規則  ※設置されている場合のみ

・雇用契約書 ※設置されている場合のみ

・健康診断受診をしたと証明できる領収証 ※健康づくり制度導入の場合のみ

のご準備

・各種申請する上での必要書類の記入 ※記入見本作成致します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

労働局などへ足を運んでいただく様な手間は弊社で対応致します。

社内にある資料をご提出いただくだけですので、大変手離れがよく本業に影響がないような形で申請をしていただけます。

また、毎年更新されていく助成金を継続してご提案させていただけますので、

毎年経営に有利な情報のご提供が可能です。

社労士と顧問契約をされている場合でも、社労士の本業と重複致しませんのでご安心ください。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

御社‥ 本業へ集中していただく環境。

社労士‥給与計算、社会保険手続きなどの社労士本業に集中していただく環境。

弊社‥ 助成金専門家として「職場環境改善担当者」となり、御社の手間の軽減、最大受給を可能と致します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

この様に3Win-Winの関係を築き、円滑にそれぞれの専門分野へ集中できるご提案となっております。

 

また着手金に関しましては、経費計上が可能となります。

会計士様とご相談となりますが、一般的には「支払手数料」として経費計上していただければ問題御座いません。

今期の利益圧縮の1つとして選択できるかと存じます。

助成金を受給された際は、「営業外収益」という形で「雑収入」で処理していただきます。

 

繰り返しになりますが、以下の要件を満たしていれば助成金は受給できます。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  1. 雇用保険に加入されている従業員が在籍している。
  2. 会社都合による解雇を半年以内にしていない。
  3. 残業代未払等、労働違反を犯していない。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

本助成金は雇用保険料が原資となっており、雇用保険加入企業様は申請する権利が御座います。

ご従業員様のモチベーション向上、帰属意識向上、生産性向上に努めて参りますので

是非ともご活用いただきたいと思っております。

以下問合せフォームより受給可能か無料診断フォームが御座います。お気軽にお問合せください。

 

 

<前へ           次へ>

 

 

HOME >>

企業ページ>>

 

関連ページ