· 

MEOの成果報酬型!効率集客!

MEOとは?

MEOはMap Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略称で、一般的に地図アプリ(主にGoogleマップ)で検索をかけられた際に表示される一覧で、上位表示を目指して行う一連の最適化施策を指す言葉として使われています。

Google検索の結果に地図が表示される「ローカルパック」での最適化も合わせてMEOと呼んでもいいでしょう。

検索結果がGoogleマップ上に表示される仕組み

まず、Google検索のローカルパックの表示のしくみを解説します。
Googleマップでの検索のしくみもこれと大きく変わるものではありません。

検索キーワードが地域や場所に影響を受けるタイプのキーワード、「業種×地域名」「サービス内容×地域名」である場合、通常の検索結果画面(SERPs)の上部に地図情報とその近くの関連スポットのリストからなる「ローカルパック」が表示されます。
このような検索キーワードを「ローカルキーワード」と呼びます。

ローカルキーワードの例

例えば、「六本木+ラーメン」といった地域ワードと掛け合わせたものや、「歯科」「居酒屋」「美容室」「英会話」など、キーワード自体が地域との関連性が高い店舗・施設系の意味に該当するキーワードです

MEOの重要性

MEOのメリット

1.優良顧客の集客効果が高い

マップ表示は通常のSEOの検索結果よりも上部に表示されることが多いため視認性が高く、リアルタイムで店舗情報を探している優良顧客の来店や電話での問い合わせ、予約などのアクションにつながり、集客の可能性が非常に高くなります。

2.店舗までの地図経路が表示され集客・来店に直接寄与

Googleマップの機能で、ユーザーの現在地と店舗までの経路が詳細に表示されるため、検索ユーザーをダイレクトに店舗来店へ結びつけやすくなります。

3.口コミにより店舗の信頼性を獲得できる

地図検索の結果には、後述するGoogleマイビジネスの情報が表示され、ユーザーからの口コミ投稿やレビューを得ることで店舗の信頼性を獲得し、集客に繋げられます。

4. SEOに比べ競合性が低く対策しやすい

SEO施策は競合性も高く上位にランキングさせるのは難しい場合がありますが、MEOであれば、SEOに比べ競合性も低く他社に先駆けて対応することで検索上位は狙いやすい状況であると言えるでしょう。

MEOのデメリット

1.ターゲット地域を持たないビジネスは効果を得にくい

MEOは特定の地域をターゲットとした店舗集客に結び付けるビジネスに向いています。そのため、店舗やターゲット地域を持たない業種、例えばネットショップのみのビジネス等はMEOの必要性はないでしょう。

2.ビジネスによっては口コミ投稿を得るのが難しい

飲食店や施設運営の場合は利用者の口コミを得やすいが、業種によっては口コミが得にくいものがあります。また良い口コミばかりではなくネガティブ評価のレビューやクレームなど投稿される場合もあります。 

このように、MEOはデメリットと言えるものは少なく、特定の地域をターゲットとしたローカルビジネスには大きなメリットをもたらします。

結論、上位3位以内に入った日数分のみの料金です。

弊社にMEO対策を投げていただくと、成果報酬となります。

・ネット上の上位表示されるまでには期間が必要で、その間の費用が勿体無い。

・依頼したはいいけれども、上位表示されるかわからない。

そんな悩みは必要ありません。

 

売上を保証はできませんが、上位に表示されているかは確認できると思います。

また、表示までのレポートなども定期的に開示できます。

表示された日数分だけの請求で、その間に集客ができたのかどうなのか、そこで継続のご判断をいただければと思います。

 

もう少し具体的にMEOはどうやっていくのかお伝え致します。

 

MEOが必要な理由

MEOを行うのと、行わないのでは、あなたのGoogleマイビジネスが見込顧客に見てもらえるチャンスは大きく広がり、集客に大きな差が出ることでしょう。

店舗や施設への集客を担う立場であれば、今後MEO(ローカルSEO)は”知らない”という
理由だけで無視することは出来ないとても重要な対策なのです。

MEOは、あなたのお店の商品やサービスに関心がありそうなあなたの商圏エリア内にいるユーザーを、検索結果で結びつけてくれるとても効果的な対策です。

ユーザーは目的意識がはっきりしていますから、「ある一定のエリア」で「希望する条件にマッチする中で一番行ってみたい店」を探しているのです。

Googleの調査結果では、ローカル検索からお店を探している人の41%が検索を行ってから24時間以内に店舗を訪問しています。

MEOはローカル検索を行う即効性の高いユーザーにお店を見つけてもらえる事が出来る対策ですので、とても集客効果の高い施策として注目されているのです。

 

MEOはスマートフォン検索への効果が絶大

近年インターネットでの検索数は、パソコンでの検索数を、スマートフォン等のモバイル端末からの検索数が上回る時代になりました。

スマートフォンにはGPSがついていますので、検索する際に、位置情報という要素が自動的に付加され検索結果を表示します。

スマートフォンでの検索結果順位にとってMEOはとても重要な要素で、MEOを十分に行っていればスマートフォンによる検索結果に絶大な効果を発揮します。

ユーザーは、スマートフォンの検索結果で上位表示されたマイビジネスいくつかを開いて主に次の3つの項目を確かめることでしょう。

  • 「掲載情報を見てこの店は行ってみたい店か否かの確認」
  • 「写真を見て商品と空間のイメージ」
  • 「位置情報を見て目的エリア内であるかの確認」

そしていくつかの候補を絞った上で「口コミ」の内容を比較して、自分なりにどの店に行ってみたいかを判断します。

この一連の動作で行ってみたい店に選ばれるかどうかが決まりその後は次の4つのアクションに繋がります。

  • 店舗への電話予約
  • 店舗へのナビを使って店舗に向かう
  • お気に入りへの保存
  • 友人に店の情報を共有

GoogleMapはお店を探す44%のユーザーが利用

GoogleマップにはGoogleマイビジネスでしかお店の情報は掲載されませんので、Google Mapであなたのお店を探してもらうにはGoogleマイビジネス対策することが必須となります。

言い換えればGoogleマイビジネスを整備せずに放置するのは、お店を見つけてくれる可能性のある集客の種を44%も捨ててしまってる可能性があるのです。

 

PPC広告は、GoogleやYahooで検索した際に検索結果の上や横に表示されるキーワード広告やリスティング広告の事でAdWords等を利用して広告出稿する広告の事です。

各企業がこぞって重要なキーワードに対して広告入札するため入札単価は上がる一方です。

しかしネット販売など全国を対象とするECサイトだけで無く今後は地域に店舗でも集客のためにネット広告を使うのが当たり前の時代がすぐそこまで来ています。

今のうちにMEOを行いしっかり対応していればネット広告にお金を使う必用がありません。

そしてもっともっと集客したい人はGoogle広告でローカル検索に対する広告を表示させたいときにMEOをしっかりおこない上位表示されるポジションにいればいるほど広告掲載時の広告入札費用を安く抑えることができます。

広告を出す人も出さない人もMEOは重要な対策なのです。

 

具体的にMEO対策するとどうやってGoogleMapに表示される?

ここ数年スマートフォンの普及は著しく、企業のWebサイトへのアクセスの50%以上がiPhoneやAndroid携帯、iPad等のモバイル端末からのアクセスで有る様な企業も増えて来ています。

プライベート利用での店舗検索等の場合はそれ以上の60%以上がモバイル端末からのアクセスになってきています。
行きたい店舗を探す際に外出先からスマートフォンの様なモバイル端末で検索し、表示された検索結果の地図をもとにナビ機能を使って店舗へ訪問する利用者も増加する一方です。

皆さんが運営する店舗のWebをお持ちで有れば来店者を増やすためには

 

①モバイルフレンドリー対応

②Google検索結果にしっかりと店舗の地図を表示させる

③Googleマップで検索された際に上位に表示させる

 

等の対策が重要になります。

そこでMEOが重要になると言う事になります。

 

しかし、これは自社で運営する店舗のWebを強化する方法であって、必ずしも店舗への集客のために第1に行うべき事ではありません。

なぜなら、ユーザーが曖昧な要望から、「行きたい店舗を探す」際に最初に見るのは、皆様が運営するホームページでは無いからです!

例として・・・私が今、神戸にいて、「焼き鳥」を食べたくなったとして、自分のiPhoneのブラウザ(Chrome)で「焼き鳥」と検索したとします。

すると、現在の私の位置情報を勝手に判断して検索結果画面はこの様になります。

検索結果には上から

1.他のキーワードの提案

2.周囲800mの地図(範囲内に存在する焼き鳥店にはマップポイントが表示)

3.周囲800m内の焼き鳥店のGoogleマイビジネスの情報
店名・レビュー数・現在地からの距離・店舗カテゴリ・住所・店舗の評価されている内容・写真

その下に表示されるのが

4.焼き鳥に関する情報

主にウィキペディアの情報が掲載される様です。

5.焼き鳥に関するWebの検索結果

5番目でようやくWebページの検索結果が表示されます。

しかし、その上位の殆どが「ぐるなび」や「クックパッド」等の大手Webサイトになります。

すなわち、自店舗用のWebを一生懸命作っても「新たなお店を探しているユーザー」へのアプローチは簡単な事では無いと言う事になります。

しかし注意して見て欲しいのは、地図の下に表示された3つの店舗です。

この3店舗はどの様にして選ばれたのでしょうか?

実際に現在地から800m以内に焼き鳥店は3店舗しか無いのでしょうか?

いえいえ、「さらに表示」をクリックすると、800m以内に18店舗が表示されました。

他にもスクロールしていくと800m以上離れた1.5kmや2km等の店舗も表示されます。

注目していただきたいのが、必ずしも近い順に表示されるわけでは無く、この表示例では650m,1.5km,650m,700m等といった順番で遠い店舗(Googleの検索ロジックで評価が高い)が上位に表示される事も有ります。

そして800m以内として数えた18店舗が実際に800m内に存在する焼き鳥店の店舗数と必ずしも一致するわけではありません。

表示されている店舗は、Googleマイビジネスに登録されている店舗だけ!

と言う事です。

スマートフォン時代に合わせてGoogleの検索結果はこの様に変化しているのです。

地域名+業種の複合検索キーワードにマッチ

店舗住所の「地域名」+店舗のサービス名(「貸し会議室」「和食」「美容院」「動物病院」)等の地域名+業種名やサービス名の検索で上位に表示させる対策をとる事が出来ます。

ネット検索するお客様が周辺で利用したい店やサービスを探す際には、殆どの方が、探したい業種名やサービス名と地域名を業種名+地域名やサービス名+地域名等の検索キーワードを利用して目的とする店舗やサービスを検索します。

そのため、検索結果、上位に店舗やサービスが表示されるか否かは集客において大きな差が現れる重要な成功要因です。

 

MEO対策はこの業種名+地域名等の検索結果で上位表示されるための施策ですので、この対策を行う店舗と行わない店舗では、同レベルのポテンシャルを持つ店舗であればMEO行うか行わないかが、集客において大きな結果をわける要素になります。

周辺の同業種店舗がMEOを行っていなければ、より早くMEOを行えばライバル店舗に大きな差をつけるチャンスなのです。

逆に周辺のライバル店舗がMEOを行っていて、あなたの店舗がMEOを行っていなければ、大きく差を開けられる危機がありますので、今すぐMEOを実施して、差を開けられない様に対策を取る必要があるのです。

 

再度、結論、上位3位以内に入った日数分のみの料金です。

広告費としてはとても安くなります。

費用帯効果があるなら尚更で、費用よりも効果が上回れば、やらない理由はないですからね。

一度提案だけでもをご希望される場合は以下からお問い合わせください。

 

<前へ           次へ>

 

 

HOME >>

企業ページ>

関連ページ