excellにしか出せない魅力

 

当社は完全歩合制の会社です。つまり圧倒的なローコストになります。これこそが強みです。

 

我々ディストリビューターは市場に商品・サービスを提供することが使命です。

アウトバウンド(プッシュ型)の営業スタイルの販売網で提供される商品の多くは販路を開拓する必要がある商品です。

そういった商品を扱う企業の多くは社員が基軸となり、その販管費を補いながら利益を出します。

その為利益が出る商品選択を行います。これは営利団体である以上避けては通れない事実です。

またはシェア(規模)から仕入れを安くできる力のある企業であっても、

シェアが高い大企業になればなるほど、販管費は莫大な額となり、更に利益優先になっていくことは否めません。

 

当社は個人事業主へ業務委託を行っていき、売った分だけ還元します。逆に売れなければコストもかかりません。

それがユーザーへのコストメリットに繋がるのです。

 

基本的に、ユーザー還元が高い商品・サービスは売手の利益が減ってしまいます。

単純に安く売れば企業利益が減るということです。

だからこそ世の中の魅力のある商品の多くは、売手側からすると選択しずらい商品となってしまいます。

逆に売手に利益を残す商品や販売手法を選択するのであれば、ユーザーメリットが大きく損なわれます。

残念ながらディストリビューター(販売代理店)の多くは利益優先の商品選択・販売手法が多く見れます。

そういう環境で本当の意味のユーザーファーストを目指せるでしょうか?

自社コストが低いからこそ実現できる本当の意味でのユーザーファーストな商品選択、これがexcellの強みです。

 

また、このことを実現させるための狙いである「テレワーク」の軸を作っていくことにより、販売コストの最小化が実現します。

一番ユーザー還元が高い商品を選択し提案することで、ユーザーの選択ミスを無くし機会損失を最小にします。

人脈、口コミで広がるネットワークによって、ダイレクトに商品が広がっていきます。

経済効率の極大化に繋がるのです。

無駄な勧誘が無く販売コストが低いということは、販売者に対しても獲得報酬を最大限に還元できるということです。

更に、ユーザーメリットが大きくなれば、メーカー・キャリアにとっても魅力的な販路となり、

更なるサービスの向上へ繋がり、我々にはより多くのチャンスが産まれることでしょう。

 

 

商品・サービスの質を選び、販売コストを最小限に抑え、機会損失を徹底的に排除した、ローコストオペレーション。

これがexcellの理念でありビジネスモデルです。

 

ユーザーには本当に良いものを提供し、associatesには最大限の還元を、メーカー・キャリアには大きな活路を、

全てのステークホルダーには最大の信用を、笑顔を。

 

 

home